「諏訪湖上祭花火大会」臨時列車乗車記(H23.8.15)

画像


 毎年8月15日は「諏訪湖の花火大会」(JRの最寄り駅は上諏訪駅です。)ということで、JR東日本長野支社では多くの臨時列車が設定されます。
 その中でも今年の注目列車はE233系に代わって走る「豊田車両センターの115系6連」です。
 信州を走るスカ色の115系の姿を記録しておくことも重要ですが、乗車のチャンスもありましたので、茅野まで1往復乗車をしてきました。

画像

①松本(2019)→茅野(2125) 9538M [スターマイン538号] 115系6連【N22+N8編成】
(←茅野 クモハ115-1081+モハ114-1187+クハ115-1228+クモハ115-1078+モハ114-1184+クハ115-1226 松本→)
 本当なら往復ともお目当てである豊田車両センタ-の115系を使用する、臨時列車に乗りたいところですが、電車の時刻と仕事の終業時間が上手く合わないため、復路のみ豊田車に乗車することにし、ひとまず茅野に向かいます。

 茅野駅までは長野総合車両センターの115系6連を使用する臨時列車[スターマイン538号]に乗車します。今回の花火大会の臨時列車で中央本線を走る列車には名称が付いており、上り列車が[スターマイン号]、下りが[ナイアガラ号]という名称になっているのですが、駅の電光表示はもとより駅員さんのアナウンスの中にも1度も[※※※号]なんていう説明はありませんでしたが…。
 
 さて、この列車ですが本来は長野から茅野に向かう普通列車なのですが、今日に限って行先を甲府に変更するとともに、長野→松本間は189系あさま色を使用し、松本からは輸送力の高い115系6連が使用されるという運転形態になっているようです(そんなアナウンスも全くなし。)。

 松本から発車する[スターマイン538号]は約10分ほど遅れて入線しました(回送列車で入線です。)。もうこの時間ですと花火大会には間に合いませんので、乗り込む人もさほど多くありません(それでも浴衣姿でこれから花火大会に…というような人もいましたが…。)。この編成はどちらとも私が好きな未更新車両でした。

 さて、松本駅を10分遅れで発車[スターマイン538号]ですが、この列車のダイヤは途中の塩尻駅で10分停車しますので、ここで停車時間を切り詰めて定刻運転になるのかと思いきや、ダイヤどおりしっかりと10分停車し、結局10分遅れのまま塩尻駅を発車します。
 その後は快調に進んでいたのですが下諏訪駅の手前で停車信号、下諏訪駅に入ってからも「上諏訪駅の列車が発車できていない。」ということで下諏訪駅に15分ほど停車し、結局25分遅れで下諏訪駅を発車しました。「このままだと茅野駅からM40編成を使用する列車に乗り換えられないかも…。」と思ったのですが、今さら上諏訪駅で下車するわけにも行きませんので、腹をくくって茅野駅を目指します。

 ここまで「ほぼがら空き」だった[スターマイン538号]ですが、上諏訪駅で状況は一変します。駅のホームには溢れんばかりの人・人・人!この人たちが開いたドアから車内になだれ込んできて[スターマイン538号]の車内はまるで地下鉄日比谷線のラッシュのような混雑です(東京に行って必ず乗るのがラッシュ時の日比谷線なもので…。)。まあ、どんなに混んでも私は最初から座ってきていますし、次の駅で降りるからいいのですが、子供連れやお年寄りには厳しい混雑振りでした。

 この混雑はどこまで続くのか?と思っていたところ、次の茅野駅で大半の人が降り、車内は普段の列車並みの乗車率で茅野駅を発車していきました。


画像

②茅野(2153)→松本(2238) 9541M [ナイアガラ541号] 115系6連【M40編成】
(←松本⑥ クハ115-398+モハ114-374+モハ115-348+サハ115-319+モハ114-354+クモハ115-318 ①茅野→)
 茅野駅からは今回の目的である、豊田車両センターの115系6連【M40編成】を使用した[ナイアガラ541号]に乗車して松本に戻ります。

 このM40編成は2010年の12月までは快速[むさしの号]を中心に使用されており、その後は[ホリデー快速鎌倉号]などに使用される予定だったのですが、今年3月に発生した東日本大震災の影響もあり、ほとんど稼動していない状態が続いており「このまま運用離脱か…」とまで言われていたのですが、今月になって快速[富士河口湖号]で運用復帰を果たし、そして今回の臨時列車に使用されたということでホッと一安心というところでしょうか。
 なんとか廃車までに1度は乗車したいと思い続けており、この夏の青春18キップの期間中に『乗車しに行かなくては…』と思っていたところ、こんな形で信州に来てくれましたので、これは絶対に乗車しなくては…と思い、大混雑覚悟で乗車にチャレンジした次第です。

 …さてなんとかしてM40編成に乗車したいのですが、もうこの時間になるとダイヤが滅茶苦茶に乱れていて、ホームに入ってきた列車は何時の列車なのか全くわからない状態!仕方がないのでM40編成が来るまで待つという覚悟で茅野駅の1番ホームに…。
 結局15分遅れでM40編成を使用する[ナイアガラ541号]が回送されてきました。ここで悩んだのは「どの車両に乗ろうか?」ということです。悩んだ結果「何号車に乗車しても上諏訪駅からは大混雑となる。」とうことがわかっていましたので、ここは全国で1両だけのサハ115に乗車することにしました。

 15分遅れで入ってきた[ナイアガラ541号]ですが、結局上諏訪駅に入れないということで茅野駅で5分ほど待ち、トータル20分遅れで茅野駅を発車します。
 乗ってすぐ気がつくことは「この車両静かだ!」ということですね。付随車なので当然といえば当然なのでしょうが、現在の列車は短編成化を図っている関係で、付随車という車両ができにくくなっていますので、この静けさは貴重ですね。
 
 本当はこの静かな車両で松本まで乗りたかったのですが、次の上諏訪駅からは「これでもかっ!」というほど人が乗ってきます。岡谷あたりで空くのかなぁ~と思いながら乗っていたのですが、結局、乗客が減ったのは塩尻駅でした。ここからは普段の通勤・通学列車程度の混雑ですのでサハ115の静けさを感じることができます。こういう静かな車両で海を見ながら乗車できれば最高…なんてことを考えていたら列車は松本駅に到着し、今回のM40編成への乗車も終了してしまいました。

  
画像
 
                  PHOTO:車内は豊田車独特のグレーのシートが並びます。


画像

              PHOTO:M40編成は300番台車なので、若干シートピッチが狭いです。


画像

            PHOTO:茅野駅の電光表示板にはちゃんと「花火臨」の表示がされていました。


画像

                    PHOTO:全国で唯一のサハ115に乗車します。



画像

                   PHOTO:車内に表示されているサハ115のプレート


 かつては中央線・篠ノ井線・上越線でよく目にしていたスカ色の115系も、現在では豊田車両センターに46両が残るのみとなってしまい、その運用も中央東線の小淵沢・河口湖⇔豊田間に狭まり、いよいよ「最後の活躍を…」という感じになってきました。
 本当は来週かどこかで快速[富士河口湖号]に乗りに行こうかな?と思っていたのですが、思いがけずM40編成に乗車することができラッキーな1日でした。
 M40編成は全検上がりなのでしょうか、足回りまでピカピカの状態でしたので、もうしばらくの間は元気に活躍してくれそうな感じでした。

【乗車日:平成23年8月15日(月)】

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

w201
2013年07月01日 22:31
m40も花火の臨時列車に使われたことがあるんですね!

20年近く中央線の沿線にすんでおり、山梨に親戚が住んでいますので中央線の201系と115系には特別な思い入れがあります。

ただ、さすがに長野まで行く機会には恵まれず、馴染みの201系が115系と共に華々しい出張をしている姿を見ることは叶いませんでした。

115系が姿を消してしまう前にどうか乗りに行きたいですが・・

この記事へのトラックバック