平成23年・冬の青春18キップ乗車記PART.6【初詣列車で弥彦へ】

~旅行第3日目、初詣には行かないのに、なぜか初詣列車への乗車~

画像





画像

①新潟(456)→村上(552) 3921M 快速 E127系6連【V9+V13+V1編成】
(←村上 クハE126-9+クモハE127-9+クハE126-13+クモハE127-13+クハE126-1+クモハE127-1 新潟→)
 新潟駅に到着後は時間調整のため、色々な列車に乗車します。
 まずは村上行きの快速列車に乗車します。この列車は[ムーンライトえちご]に乗車してきた人たちが、東北方面~北海道を目指すときには必ず乗車する列車です。使用される列車はロングシート使用のE127系ですが、車内が綺麗で良いですねぇ~。これでインバータの音がもう少し静かならサイコーなんですが…。
 新潟駅に到着したときには雪混じりの小雨だったのですが、北に向かうに従って小雨混じりの雪という天気になってきてしまいました。
画像

             PHOTO:目が覚めるような、ずんだもちのような色のシートが並びます。




画像

②村上(617)→新発田(652) 1924M E127系6連【V1+V13+V9編成】
 村上駅到着後は、ここままで乗車してきた列車に乗ったまま新発田駅に戻ります。
 村上までは北へ向かう乗客で賑やかな列車でしたが、新潟へ向かう列車は閑散とした車内でした。




画像

③新発田(702)→新津(731)  124M 115系6連【N22+N20編成】
(←新津 クモハ115-1014+モハ114-1019+クハ115-1013+クモハ115-1041+モハ114-1055+クハ114-1041 新発田→)
 新発田駅からは電車に乗って新津駅を目指します。なぜ「電車」というところを強調したかといいますと、この新発田⇔新津間は電化されているものの、走っている列車のほとんどがディーゼルカーで、電車は朝夕の1往復のみという珍しい区間なのです。
 この事実については前々から知っていたのですが、乗ろうと思ってもなかなかタイミングが合わず乗ることができなかったのですが、今回はちょうどタイミングよく、この区間を電車で乗りとおすことができました。

 しかし、ディーゼルカーだと2~3両編成で運転されるこの区間、あきらかに6両編成の電車はオーバースペックのようで、私が乗った車両し最初から最後まで、私1人の貸切でした(もっとも6両というのは、送込み回送を兼ねているからでしょうが…。)。 




画像

          PHOTO:見慣れた115系のシート配置ですが、色が変わると違う列車のようです。


画像

              PHOTO:シートは長野総合車両センターの更新タイプと同じ形です。




画像

④新津(738)→馬下(804)  2228D
(←馬下 キハ110-217+キハE120-5 新津→)
 新津駅からは磐越西線に入るディーゼルカーで馬下駅に向かいます。旧型のディーゼルカーを期待していたのですが、新津駅に到着した列車はキハE120とキハ110系で組まれた2連のディーゼルカーでした。
 キハ110系には、このあとたっぷりと乗車する予定なので、ここはキハE120に乗車していくことにしました。
 このキハE120、最新型のディーゼルカーなのですが、ずいぶんと賑やかな車両ですねぇ~。エンジン音が全て車内に入ってくる感じでしたが、どこか故障でもしていたのでしょうか?また、このキハE120は必ずキハ110系とコンビを組んでいましたが何か意味でもあるのでしょうか?(たまたまだったのかもしれませんが…。)
画像

                     PHOTO:シートは2-1のアブレスト配置です。


画像

                PHOTO:シートの色は中央線のE233系と同じ感じを受けます。


画像

              PHOTO:新津駅では湘南色の115系(N2編成)の姿も確認できました。




画像

⑤馬下(825)→新潟(911)  2229D 快速
(←新潟 キハE120-5+キハ110-217 馬下→)
 馬下駅からは今まで乗車してきた列車で新潟駅に戻ります。
 この列車、新津駅からは快速列車となり新潟駅に向かうのですが、新津駅・亀田駅から多くの乗客が乗り込み大混雑となりました。




画像

⑥新潟(947)→弥彦(1053)  9130D~9266D 快速[初詣弥彦]
(←弥彦 キハ47-514+キハ47-515 新潟→)
 新潟駅からは本日のメインとなる快速[初詣弥彦]に乗車します。
 初詣列車は各地で走っているのですが、この快速[初詣弥彦]には首都圏色のキハ40系が使用され、しかも新潟から弥彦に向かうルートが信越本線経由ではなく越後線経由で向かうということが事前にわかりましたので、DL・DC大好きな私としては迷うことなく乗車することにしました。

 快速[初詣弥彦]号は新潟駅の1番線に9時36分頃に入線をしてきます。ホームにはカメラを持った鉄道ファンと思われる人のほうが目立ち、参拝に向かうと思われる乗客の姿はまばらです。列車が入線し、乗客が乗り込むとボックス席は全部埋まりましたが、大半は1~2人しか座っていませんので、ちょっと淋しいかな?と思っていたのですが、発車時間が近づくと駆け込んで乗ってくる人が増え、ロングシートも適度に埋まった状態で新潟駅を発車します。

 新潟駅を発車した快速[初詣弥彦]は越後線をゆったりとして速度で進みます。この区間をディーゼルカーで乗車するのは急行[ひめかわ]以来のことです。
 列車は信濃川を渡り新潟県庁を左手に見ながら進むのですが、やはりディーゼルカーに乗ってこの景色を見るのがなんとなく不思議な感じがします。それは列車に乗っている私たちだけでなく、駅のホームで列車を待つ人や沿線の方達も同じようで「珍しい色の電車が走っているなぁ~」という感じで見つめていることでわかります。

 さて、発車間際に乗り込んできた乗客ですが、どうやら初詣が目的の乗客ではなく、たまたまこの列車が越後線を行くので乗っただけのようで、駅に停車するごとに降りる人がいます。結局、越後線と弥彦線が分離する吉田駅を発車する時には、「最初にこの列車に乗った人だけが残った。」という感じになってしまいました。

 吉田駅を発車するとここまで走ってきた越後線に別れを告げ弥彦線に入って行きます。進行方向右手に弥彦神社のシンボルでもある大鳥居が見えると間もなく終点の弥彦駅です。快速[初詣弥彦]はゆっくりとして速度で弥彦駅のホームに進入し、定刻どおりに到着しました。

 ちなみにこのあと私は、参拝に行くこともなく回送列車の撮影などをして過ごしまました。

画像

                   PHOTO:新潟駅の電光表示板は「臨時快速」のみ…


画像

                   PHOTO:信濃川を渡って新潟の街中に入って行きます。


画像

                  PHOTO:左手に新潟の市内を見ながら越後線を進みます。
  

画像

                     PHOTO:進行方向右手に弥彦山が迫ってきます。


画像

                  PHOTO:吉田駅の先で越後線と別れて弥彦駅を目指します。


画像

                    PHOTO:弥彦神社の大鳥居が見えると終点が間近です。


画像

                    PHOTO:弥彦駅到着後は参拝に行かず写真撮影を!


画像

                   PHOTO:神社のように見える駅舎に手を合わせて参拝を…

※乗車記PART.7(LAST)に続きます。

○弥彦線の乗車記はこちら
 ・弥彦線全線乗車の旅…http://tomodachiya221.at.webry.info/200709/article_1.html
 ・快速[風っこ弥彦菊まつり号]乗車記…http://tomodachiya221.at.webry.info/200911/article_56.html
 ・なつかしの急行[ひめかわ]乗車記…http://tomodachiya221.at.webry.info/200811/article_44.html

【乗車日:平成23年12月31日(土)~平成24年1月2日(月)】

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

カンマ・ドット
2012年01月07日 18:14
>TTIさん
キハ110系 高崎車両センター高崎支所所属車は、郡山総合車両センターに検査で、入場する時は、機関車の牽引に備えて連結器を、配給用(連結器)に交換します。
経路:
高崎~高崎線~大宮~宇都宮線(東北本線・直流区間)~黒磯~東北本線(交流区間)~郡山
補足:
205系3100番台 仙石線仕様車も、郡山総合車両センター時は、DE10や、ED75により牽引する為、(配給用の)連結器に(仙台車両センター宮城野派出所構内?で)交換します。
現在は、東日本大震災の影響で、(仙台車両センター宮城野派出所から郡山総合車両センターまで、)陸送しております。
TTI
2012年01月07日 20:37
 カンマ・ドットさん
 詳細な情報をいただきありがとうござます。
 高崎車両センターの車両をわざわざ郡山に持っていくより、長野総合車両センターに持ってきたほうが早いと思うのですが、不思議ですね。

この記事へのトラックバック