長野電鉄・特急[ゆけむり]&特急[スノーモンキー]乗車記(H24.2.18)

画像


 本日、中野市で行われた「長野電鉄長野線シンポジウム」を聴講した後は、久しぶりに長野電鉄が誇る特急[ゆけむり]と特急[スノーモンキー]の乗車を楽しむことにします。

 14日(火)に東京に行って乗車した、京成の特急[スカイライナー]のスピードは凄かった、西武鉄道のレッドアロークラシックはお洒落でモダンだった、新型のN’EXもスマートでかっこよかった、前月乗車した富山地方鉄道のアルプス・エキスプレスも水戸岡デザインで素晴らしかった、本当にどの列車もぜ~んぶ良かったですが、やっぱり凄さで言えば長野電鉄にはかないません!

 なんといっても小田急のロマンスカーとJR東日本の成田エクスプレスが同じ路線を走っているんですから…。信じられます?
 しかも特急料金は終点まで乗車してもたった100円!小田急時代には手に入れることが絶対無理に近かったロマンスカーの展望席だって、始発駅でちょっと早めに並べば確実にゲットできるんです。JR時代には高くて絶対に乗車出来なかったN’EXの個室グリーン車がたった1,000円で乗車できるんです。
 これはもう乗るしかないでしょう!ということでシンポジウム参加者(事前申込者)には2日間有効のフリーキップを1,000円で販売してくれましたので、本日はこれを使用して特急[ゆけむり]と特急[スノーモンキー]の乗車を楽しみます。


画像

①信州中野(1211)→長野(1245)  8A 特急[ゆけむり] 1000系4連
 ひとまずシンポジウム会場をあとにして、湯田中に行こうか?長野に行こうか?と考えたのですが、答えが出る前にちょうど長野行きの特急[ゆけむり]が来ましたので、ひとまず長野に戻ることにします。
 特急[ゆけむり]は元小田急のロマンスカー10000形HiSEです。塗色が一部代わり編成長もだいぶ短くなってしまいましたが、展望席を前後に備えたハイデッカー車両は魅力十分ですね。長野までは2号車に座ってゆったりと戻りました。
画像
 
                PHOTO:クッションが柔らかいシートが気持ちいいです。



画像

②長野(1338)→湯田中(1422)  9A 特急[ゆけむり] 1000系4連
 長野駅に到着後は一度駅を出て買い物と昼食をとってからホームに入ります。
 この時の時刻が1時10分なのですが、これから乗車する特急[ゆけむり]の先頭展望車には誰も並んでいません。…ということでいとも簡単に展望車の先頭席に座ることができました。この席で湯田中駅までの約45分間の乗車を楽しみます。
 しかし、小田急時代にはプラチナチケットといわれたロマンスカーの展望席を、わずかな努力で誰もが手に入れることができる「全席自由席」というこのシステムは最高ですね

 普段は進行方向のどちらかしか見ることができない景色も、180度以上のワイドビジョンで見渡すことができ、いつもの景色も新鮮に見えます。また、運転士が盛んに鳴らす警笛の意味もよくわかります(今回も乗車している途中で猫が飛び出てきたシーンがありましたし…。)。

 信州中野を過ぎると周りの景色もガラッと変わり標高が上がってきていることが誰もがわかります。ここまではチラチラとしていた雪もいよいよ本降りとなってしまい、さすがの展望席も雪にはかないません。


画像

                     PHOTO:信号が青に変わり長野駅を出発します。


画像

                       PHOTO:地下部から地上に出て行きます。


画像

                   PHOTO:この席からみる風景は新鮮そのものですね。


画像

                   PHOTO:信州中野駅を過ぎると一面銀世界となります。


画像

                      PHOTO:湯田中駅に到着した特急[ゆけむり]



◎湯田中駅では次の特急[スノーモンキー]の発車まで1時間以上ありますので、湯田中駅に隣接されている楓の湯へひとっ風呂浴びに行ってきました(入浴料300円って、街中の銭湯より安いような気がします。)。
画像




画像

③湯田中(1556)→長野(1640) 14A 特急[スノーモンキー] 2100系3連
 湯田中から駅は元JR東日本の253系N’EX改め特急[スノーモンキー]で長野に戻ります(長野駅ではなく権堂駅までですが…)。
 今日はシンポジウムに参加した関係でフリーキップが安く手に入りましたので、帰りは奮発して個室グリーン車に乗車して帰ります。
 しかし、この座席、何度乗っても思うのですがまさに「リムジンシート」ですね。サラリーマンがこんな贅沢なシートの列車に乗ってもいいのか?と思えるほど豪華なのですが、これがわずか1,000円(1人の料金ではなく、1室の料金です。)で乗ることができますので、ぜひ、空いているときには皆さんに乗車をして欲しいですね。

 このグリーン個室はクハ車の車端にあるためとても静かなのも良いですね。あまりにも静かなのでうとうとしてしまいました。


画像

           PHOTO:こちらは3号車のリクライニングシート(1・2号車は集団見合いシート)


画像

        PHOTO:今日はフリーキップが安く手に入りましたので、個室グリーン車を奮発して購入!


画像

                  PHOTO:本日使用したフリーキップと個室グリーン券


 JR東日本が誇る看板特急(N’EX)と小田急のロマンスカーが競演する地方私鉄、それが『長野電鉄』です。しかも3月末頃まではオールドタイマーの2000系もこの競演に花を添えていますので、ぜひ、全国から乗りに来て欲しいですね。
 『私鉄の料金は高い!』と思われがちですが、長野電鉄では3月3日から4月1日までの間、「ぶらり北信濃ひな巡りフリーキップ」というワンデー・フリーキップを1,500円で販売しますし、中学生・高校生の方なら(往復切符となってしまいますが)たったの500円で「青春ホリデーチケット」という切符が購入できます。しかもこの「青春ホリデーチケット」は特急列車にも特急料金不要で乗車できるという優れものですので、特急[ゆけむり]で湯田中駅まで行き、楓の湯で足湯に浸り(足湯だけなら無料です。)、帰りには特急[スノーモンキー]に乗って長野に戻ってもたったの500円!もうこれは春休みには長野電鉄の特急[ゆけむり]&特急[スノーモンキー]に乗車をするしかないでしょう!ぜひ皆さん長野に!!

【乗車日:平成24年2月18日(土)】

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

もり
2012年02月20日 10:55
「長野電鉄長野線シンポジウム」を聴講した後は、ゆけむり・スノーモンキーに乗車したのですね!
僕は、中野市内の飲食店でランチ500円してスノーモンキーで帰りました。
夜は屋代線に乗車しました。
翌日、2000系・同線乗車しました。
TTI
2012年02月20日 20:48
 もりさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。
 中野市内で500円ランチですか…。それも良いですね~。
 いよいよ屋代線のカウントダウンも始まったようで、けっこう乗客も乗っていると聞きましたがいかがでしたか?

この記事へのトラックバック