長野総合車両センター・本日(8/25)の廃車置場

 今朝(AM7:15)の廃車置場の様子です。
 水曜日に211系(N1編成)の配給輸送が行われ、その後、編成の組換えが行われた模様で、廃車置場にはN1編成10両のうち不要となる中間車4両が置かれています。

廃車置場は画面左から211系・中間車(チタ)、211系・中間車(マリ)、211系(チタ)、211系(中間車・マリ+チタ)、211系(マリ)、211系(チタ)、211系(サロ、チタ)、EF63茶釜(+ED60+ED62)、211(マリ)、DD16(+EF62)…と並んでいます。

画像
 
                           PHOTO:廃車置場の様子


画像

            PHOTO:解体線に車両は見えませんが解体くずが山積みされています。


画像

            PHOTO:工場前には検査入場中と思われるキハ110系DCの姿が…


画像

                PHOTO:再組成されたN1編成も工場前に置いてあります。


画像

               PHOTO:廃車置場南側の機関車群には変化がないようです。


画像

                 PHOTO:サハ211のトップナンバーも解体でしょうね…。


 さて、ちょっと気になったのは長総の電流線に置いてある房総色の211系です。置き場がないのでこの場所に置いてあると思うのですが、反対側にはEF64が連結されているように見えます。
 逆疎開はN1編成と思っていたのですが、もしかするとこの編成が(どちらかに)逆疎開となるのでしょうか?
画像

                 PHOTO:長総の電留線に置いてある房総色・211系


画像

              PHOTO:反対側にはEF64が連結されているように見えますが…

【撮影日:平成24年8月25日(土)】

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

EF81-99
2012年08月25日 16:57
房総色211は、明日方転回送がありますので、そのためEF64と連結しているものと思います。
カンマ・ドット
2012年08月25日 17:46
〉TTIさん
本日(8月25日)、木更津及び、東京総合車両センター 夏休みフェアに行って来ました!
幕張車両センター 木更津支区?(でしたっけ?)に停車していた、キハ30形二両編成が、観られました!
東京総合車両センター 夏休みフェアは、クモヤ143形や、クモヤ193系(東京総合車両センター所属 保留車)、E233系 東海道本線仕様 田町車、E259系 NEX、EF81形81号、185系 157系 あまぎ塗装が、展示しておりました!
211系 房総色は、試乗会用に使われました!
東京総合車両センターに静態保存されている、クモハ12052、EF58 61は、展示されませんでした!
TTI
2012年08月25日 18:38
 EF81-99さん
 情報をいただきありがとうございます。
 日曜日に実施ですか…。ちょっと驚きですね。

 カンマ・ドットさん
 暑い中、おつかれさまでした。
 東京総合車両センターの展示は豪華な車両が揃ったんですねぇ~。毎年、「見に行きたい!」とは思っているのですが、なかなか都合があいません。
世話焼き
2012年08月25日 22:18
カンマ・ドットさまへ

(このコメントをご覧になっているかわかりませんが…)
このコメント欄はあなたの日記帳ではありません。
あなた自身がどこへ行ったという内容は、ブログの趣旨ともずれておりますし、記事とも関連していません。

記録を残したければご自身でブログを開設してみたらいかがでしょうか。
お節介焼き
2012年08月26日 12:27
世話焼き様へ

確かに仰る通りだけど、本人が、管理人様へ伝えたい思いが、有るのではないのでしょうか?これ以上は、言わないけど、

TTI様大変失礼しました。(^^;)))
TTI
2012年08月27日 18:29
 世話焼きさん
 お節介焼きさん
 コメントをお寄せいただき、また、弊ブログをご心配いただきありがとうございます。
 色々と考えるところもあるのですが、『「公序良俗」に反しない限りは…』と考えておりますので、気に触る部分もあろうかと思いますが、ご了承いただきたいと思っています。

この記事へのトラックバック