長野電鉄長野線シンポジウム参加記(H24.2.18)

画像

長野電鉄のHPに「長野電鉄長野線シンポジウム~地域の魅力と力再発見! 電車でGO!~」が開催されるとの案内が載りました。
 鉄道好きの信越放送の山﨑アナウンサーの講演も聞きたかったですし、シンポジウムの内容にも興味がありましたので「事前申込み」を行って聴講に行ってきました。
※「事前申込み」をすると会場(中野市)までの、長野電鉄の往復運賃が無料!という企画です。

○山﨑昭夫電車トーク(信越放送アナウンサー)
 山﨑昭夫さんは信越放送のアナウンサーで、私たち長野県民にとってはテレビでその姿を良く拝見していますのでよくわかるのですが、長野県以外の方には、特急[スノーモンキー]の車内で流れる音声案内の声の人…と説明したほうがわかりやすいでしょうか?
 山崎さんは「電車好き」でも有名なアナウンサーで、長野電鉄関連のイベントなどではよくその姿を見かけることがあります。
 講演の内容は「いかにも鉄道ファン」らしい「コア」な内容も含まれていたのですが、独特の口調と笑いを誘う巧みな話術で多くの聴講者を楽しませてくれました。

 このほかには、「地域力発信団体活動(長野電鉄33.2kmを守る会とNPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会)の発表」と「パネルディスカッション・テーマ「地域の魅力と長野線」」が行われましたが、若干時間が短くて肝心な部分まで掘り下げることがところまでいかなかったのが少々残念でしたが、自分の住む地域を走る「長野電鉄」の社会的な存在意義や地域の住民としてどのようにかかわっていくべきなのか?ということについて真面目に考えさせていただく有意義な1日を過ごすことができました。

 なお、パネルディスカッションのパネラーは次の方々でした。
 柳澤吉保(長野高専環境都市工学科教授)
 湯本市郎(長野電鉄33.2kmを守る会事務局長)
 香山篤美(NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会事務局長)
 山﨑昭夫(信越放送アナウンサー)
 笠原甲一(長野電鉄㈱代表取締役社長)

画像


【イベント参加日:平成24年2月18日(土)】

↓鉄道ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ワンクリックをお願いします(お金等は一切かかりません。私の励みになります。)。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

もり
2012年02月20日 10:50
僕も行きました。
山崎アナの電車トークを聞き面白かったです。
パネルディスカッションは短く、参加者からの質問コーナー設けてほしかったです。
TTI
2012年02月20日 20:46
 もりさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。
 そうですね。やはりパネルディスカッションの時間が短すぎたという感じでしたね。私も聞いた見たいことがあったので、質問コーナーがあっても良かったかもしれませんね。
なお
2012年02月21日 21:44
はじめまして。僕も行かせて頂きました。
山崎アナの鉄道トークおもしろかったです。
山崎アナといえば、スノーモンキーの車内放送担当でしたね。
短い時間でしたが、長野電鉄長野線など地方私鉄の必要性を改めて感じさせられました。どんどん利用して路線を存続させてもらいたいですね。
TTI
2012年02月22日 19:55
 なおさん
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。
 山﨑アナウンサーは、アナウンサーよりも「お笑い」のほうが向いているのでは…なんて思ってしまいました。
 長野電鉄も木島線が消え、今回、屋代線も無くなってしまいます。最後に残った河東線を残すのは私たちの使命ですよね。
 ぜひ、機会があることに長野電鉄を利用するようにしましょうね(もちろん私もそのつもりです。)。

この記事へのトラックバック